岡崎型(三州型)狛犬
コマヤンとは、さる大学の教授が付けた岡崎型量産タイプ狛犬の愛称です。
明治末に岡崎周辺でも、狛犬の奉納ブームが起き大量の注文が、岡崎石
工の店に来るようになった、効率を上げるため分業のシステムが出来、ハ
ツリ仕事(見習いが担当)・荒作り(職人)・顔の仕上げ(一番腕の立つ職人)
・ネコ足、台座(職人)・ケンチ積みは外注の石工が担当していた。

酒井孫兵衛(屋号) 八代続いた石工
最初にコマヤンを彫ったと伝えられる石工兵
衛刻と刻んで在るものは明治三十八年から
、昭和三十年まで彫られていた。

酒井孫兵衛直弟子
加藤八太郎・戸松庄松(屋号)・成瀬大吉(屋号)

神谷勝
昭和初期から中町で狛犬を彫り始めた、戦
後亡くなったと聞くが、弟子が少量だが戦後
も狛犬を彫っていた。

数は少なく、名前が彫ってある物も多くない。
岡崎近郊に建っている、少数派コマヤン
結構個性的な狛犬がある。
岡崎で修行した職人が地元に帰り、彫った
狛犬も見かける、結構自由に彫っている。

裏トップへ 次へ