丹波佐吉 大師山西国八十八ヵ所(4)

山中に十体ある弘法大師像の中で一番大きな像、近くで掘り出した安山岩系の石、目は荒いが
細かい細工がしてあり殆ど風化していない、大師山は日当りが良く風も通る為、苔・地衣類が殆ど
付いていない。

和泉砂岩で同じ形の弘法大師像を彫っている、お堂の建て替えのため外に出ていた。

戻る 次へ