巽彫刻

愛知県岡崎市の狛犬屋 『巽彫刻』 当工房では日本全国の石材店に狛犬を販売しております。花崗岩で狛犬を彫り続けている石職人です。

HOME»  古代型狛犬(大宝神社型)
古代型狛犬 大宝神社型狛犬

国指定重要文化財木造狛犬鎌倉時代作、石で再現

滋賀県の大宝神社木彫狛犬を花崗岩で模した狛犬です昭和10年より岡崎産地で彫り始めました。
規格品の狛犬としては最新型になります、同時に東京でも同じタイプの狛犬を彫り始め、作家の指導の下拘った狛犬を制作していました。

岡崎産地では現在も狛犬職人により彫り続けています。
 

 

大宝神社の狛犬を太目にして大きく見せてます、お寺に納品 

三尺(90cm)岡崎型狛犬と比べるとスリムで体から顔が出ていない分、小さく見えるのが古代型の特徴で太目でどっしりした体形の狛犬を希望されました。

 

木彫の古い狛犬にも、獅子狛犬になり角が付いたタイプも有ります 

この狛犬は二尺(60cm)スリムな体型に仕上げました打刻で彫っていた昔の古代型狛犬はシャープさに欠け細かい彫も無理でした、ダイヤモンドとエアー工具で彫るようになり小型の狛犬も彫れるようになりました。