巽彫刻

愛知県岡崎市の狛犬屋 『巽彫刻』 当工房では日本全国の石材店に狛犬を販売しております。花崗岩で狛犬を彫り続けている石職人です。

TOP

 

狛犬の歴史

狛犬の分類

製品紹介

インフォメーション

巽彫刻ブログ

 

趣味のページ

 

HOME»  製造直売

 外注で原石をカット、ワイヤソー・大口径・中口径・オフカット等切削に関する機械は揃っている。



指定の寸法にカット、三十年もお世話になっているので、職人も手慣れたもの。

下絵を描き、アウトラインに沿って細かく切り込みを入れる。

昔ながらの道具『ノミ』と『セットウ』慣れるとこの組み合わせで、殆どハツリ仕事は出来る。

ノミ一本で、荒バツリ終了この時点で重量は三割ほど軽くなる。

下絵を描き一番高い箇所を基準に、掘り下げていく、原石が変わり硬い石になり
作業効率が悪くなって、ダイヤモンドカッターで切り込みを入れての作業。

何度も下絵を描き直し、カッターでギリギリまで切り込みを入れる、思い切りの
良さが結果に出る、慣れなのだか。

体の丸みをエアー工具で彫って行く、同時にノミのダメージも極力削り取り、石の
硬い部分を出していく。

ほゞ、全体のラインを彫り出す、尻尾もこの時点で体から離して、体との境目を削り
取り腹とのバランスを見る。

足をくり貫き、全体をビシャン掛け下地を造っていく。

この時点で口の中もくり貫き、下顎も作ってしまい足の指も荒彫りして、腹のラインも
出してしまう。

完成形まで下地を造ってしまい、次は立ててバランスを見る。

この状態で左右のバランスを取り、傾きや体のラインの微調整をしながら
毛筋を彫り込んでいく。

立てて微調整を行えば九割がた出来上がり、この状態にするまでか楽しく後は細かい
仕上げの繰り返し。

寝かせた状態で仕事をするのが力も入り体も楽、太陽光の具合にもよるが午前中か
薄曇りの光線がベスト。

機械化により一段と進歩したのがエアー工具、ボールペンの先の様なノミで細かい
細工が出来、石に優しい使い方も難しくない。

完成した狛犬を台に載せ眺める、日にちが経つと気になる箇所が出てくる、思い切
りよく削って彫り直すか悩む時が楽しくもあります。